太陽光発電のメリット長期優良住宅について
Advantage of the Solar photovoltaics
太陽光発電のメリット
 地球環境やエネルギー不足の問題が叫ばれる中、再生可能エネルギーとして「太陽光発電」が注目を集めています。無限の自然エネルギーである太陽光を直接、電力に変換する太陽光発電は、地球環境の保護という大きなテーマを解決するひとつの画期的な技術であると同時に、暮らしに取り入れることで、光熱費の大幅削減をはじめ、さまざまなメリットをもたらします。
有限会社 PURE HOMEでは、これからの住まいづくりに、太陽光発電システムの導入をおすすめしています。
電気代を大幅に削減! 売電で黒字になることも。

 発電した電気は、まず家庭用の電力として使用(自家消費)できます。これまで電力会社から買っていた電気のうち、発電によってまかなった分、電気代が安くなります。
さらに、発電した電力が自家消費を上回った場合、その分を電力会社に売ることができ(売電)、収入も得られるのです。雨の日や夜間など、太陽光を得られない時間に電力会社から買った電気代は、今まで通り請求が来ますが、入金額の方が上回り黒字になることもあります。
太陽光発電システムを搭載するということは、燃料費0円の太陽光で電気を発電して売る「事業」を始めたと言ってもいいでしょう。
 将来、設備投資分を回収した後は、システムの寿命まで電気を生み続ける「資産」となるのです。

売電で節電の意識が高まります。

 太陽光発電を導入すると、発電した電力や消費電力がモニターに表示されます。どのくらい電気を使っているのかが明確に分かるので、これまで電力消費のことなど気にしていなかった方も、節電の意識が高まってきます。
 発電している時間は、自家消費を抑えればその分、売電できると思えば、節約したくなりますよね。

クリーンでエネルギーは無限! 地球温暖化対策として有効です。

 太陽光発電の最大のメリットは、エネルギー源が無限で、クリーンなところです。
 たとえば、石油などの化石燃料を燃やして電気を起こす火力発電は、発電時にCO2(二酸化炭素)やSox(硫黄酸化物)、Nox(窒素酸化物)などといった大気汚染の原因となる物質が発生しますが、太陽光発電ならいっさい発生しません。特に、地球温暖化の原因となるCO2の削減効果は、太陽光発電システムを設置するだけで1人あたり約1kgにもなります。
 そんなクリーンなエネルギーである太陽光は、まさに無限。永遠に恩恵を授かることができる自然の力を活用する太陽光発電は、暮らしをもっと快適にすると同時に、地球環境を守ることもできる、すばらしいシステムなのです。

電力不足問題解消に効果あり

 原子力発電所の稼動停止にともない、電力不足が問題に。
 最も電気が使われるのは晴れた日の昼前後で、ちょうど太陽光発電が最も活動する時間帯と重なります。太陽光発電は夜間には使えなかったり、曇天や雨天では発電量が少ないという欠点がありますが、夏季の昼間などの電力使用ピーク時の電力削減に大きく貢献できます。

天災・停電時の非常用電源を確保

 災害などにより、突然、長期間の停電になった場合でも、太陽光発電システムの自立運転モードで発電した電力を使用することができます。自立運転モードでは1.5kwまでの機器しか使用できませんが、テレビ視聴や携帯電話の充電、冷蔵庫の使用、電気ポットでの湯沸しや、炊飯もできます。万一の際にもライフラインを確保でき、安心です。

メンテナンスが簡単!

 毎日、長く使い続けていくものだから、メンテナンスのことが気になりますよね。
太陽光発電システムは構造的にシンプルで、現在、太陽光パネルの期待寿命は、20年以上とされています。基本的にはメンテナンスフリーで、鳥のフンや大量の落ち葉が積もった場合は取り除く必要がありますが、通常の汚れは雨や風で洗い流され、定期的なパネル清掃は不要です。

Advantage of a long period excellent house
長期優良住宅について
 有限会社 PURE HOMEは、皆様に長く安心してお暮らしいただくために、「長期優良住宅制度」の認定基準を満たした住まいをご提供いたします。
「長期優良住宅」とは?

 これまでの日本の住宅の寿命は、約30年ほどでした。一生で最も高い買い物と言われる家でさえ「使い捨て」だったのです。欧米のように、世代を超えて住み継ぐ家と違い、日本の家は資産価値の低いものでした。
 そんな住まいに対する価値観を転換し、長寿命で数十年後も資産価値の高い住宅の普及を目指して、2013年、国は「長期優良住宅」の認定事業をスタートさせました。この制度の認定基準を満たす住宅が「長期優良住宅」です。

  長期優良住宅法
 http://www.sumai-info.jp/chouki/01.html

「長期優良住宅」の認定基準

 「長期優良住宅」は、「劣化対策」「耐震性」「維持管理・更新の容易性」「可変性」「バリアフリー性」「省エネルギー性」「居住環境」「住戸面積」「維持保全計画」の9項目で、高い基準を満たした住宅だけが認定されます。
 住まいの寿命は、数世代にわたって住宅の構造躯体が使用できることが定められ、実質100年ほどの耐久性が求められています。耐震性の基準は、「建築基準法レベルの1.25倍の地震にも倒壊しないこと」とされ、「長期優良住宅」は強度が高く堅牢で、子や孫の世代まで、長く安心して暮らせる住まいなのです。

  長期優良住宅の認定基準
 http://www.sumai-info.jp/chouki/02.html

「長期優良住宅」のメリット

 「長期優良住宅」のメリットは、高性能な住まいが実現するだけでなく、減税や住宅ローンの金利優遇など、さまざまな優遇制度が用意されています。安心して暮らせる「長期優良住宅」は、家計にも安心をもたらしてくれるのです。
 有限会社 PURE HOMEがサポートいたします。私たちと一緒に、賢い住まいづくりを始めませんか?

  長期優良住宅のメリット
 http://www.sumai-info.jp/chouki/04.html